i-dioを試してみた - おっさんの人生は毎日が修行

i-dioを試してみた

DSC_0657.jpg

先日、モニタに応募して無償のTunerが届いていたi-dio(アイディオ)の放送が3月1日から始まりました。
前回、アプリのインストールまででおあずけでしたので、その続きです。

2月のはじめにインストールした受信用アプリは放送開始に合わせてアップデートされました。
初回起動時に受信場所やモニタ情報収集用の登録画面が出た後、Tunerとの接続画面が出ます。
ここでTunerの電源を入れるのですが、AndroidとiPhoneで接続モードが違うようです。
Andorid機との接続はTunerの電源ボタンを普通に押して、WiFi-Directによる接続となるようです。
ちなみに、試せていませんがiPhoneでは電源ボタン長押しでAPモードでの接続となるようです。
APモードだと自宅のWiFiとの同時接続は出来ないのでは?

画面に表示されたTunerをタップすると接続されます。
Screenshot_2016-03-06-11-02-54.png

選局中の表示の後、接続されて放送中の曲が流れてしました。
画面はまだコンテンツ受信中の表示のまま。
Screenshot_2016-03-06-11-03-36.png

コンテンツ受信中が消えるまでには2~3分ほどかかりました。
で、表示されたのはチャンネルの案内画面だけ??
Screenshot_2016-03-06-11-09-05.png

現時点では、アマネクチャンネル(amanek)とCreatorsチャンネルの2つのチャンネルしか放送していませんでした。
今までのラジオなどと比較すると、音の良さは格段に良いです。ほんとうに。
ただ、今はデータ放送は提供されていないようでラジオとの違いをアピール出来る状態ではありません。
またアプリが洗練されておらず、操作が分かりにくいこともあげられます。
せっかくの違いを見せられる部分を、なぜサービスインの時にきちんと用意しなかったのでしょう。残念です。

もう一つの問題点として、我が家ではあまり電波が強くないらしく窓際にTunerを持って行かないと受信出来ません。
この点はWifi-Tunerであることは非常に助かります。
Tunerだけ窓際に置けば、WiFiの受信範囲内でどこでも聴けるので便利です。
Tuner内蔵型のスマホを買った人はかなり困っているのでは・・・・

まあ、まだ始まったばかりの新サービスですので、これからの発展に期待します。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。