イヤホン(ue700)のプラグ修理 - おっさんの人生は毎日が修行

イヤホン(ue700)のプラグ修理

愛用しているイヤホンue700のプラグが壊れてしまいました。
最近、たまに音が揺らいだり音量が小さくなったりする事があり気になっていたのですが、プラグ当りを触ると直ったりするので調べていると、根元からごっそりとれてしまいました。
どうやらケーブルを引っ張ってしまったりするうちにダメージが蓄積していて、断線しかかっていたところにとどめをさしてしまったようです。
DSC_0689.jpg

プラグ以外は問題ないので、出来れば復活させたいと思い、交換用のプラグを購入しました。
半田付けしやすい程よい大きさで、デザインが気に入った「AMPHENOL KS3PC-AU ステレオミニプラグ」をチョイス。
お値段は¥420+送料でした。
DSC_0692.jpgDSC_0693.jpg



それでは、交換に行ってみましょう。
まずは、壊れてしまったプラグ部分をばっさりとカットしてしまいます。
DSC_0690.jpg

切ったケーブルの先端はカッターで被覆を剥きます。出てきたのは3本のリッツ線。
DSC_0691.jpg

リッツ線はそのままではコーティングされているため、通電しないようです。
ハンダ付けする部分を火であぶって、表面のコーティングをとかしたら、軽く紙やすりで削って溶け焦げたコーティングを落としておきます。
リッツ線の先端に軽く予備半田をしたら、プラグのケースと絶縁用のチューブをケーブルに通します。
そしてプラグ本体に左右の線を間違えないように半田付け。
プラグのケーブル側からみて、左端子に緑線(左チャンネル)、右端子に赤線(右チャンネル)、ベース部分に銅線(GND)を接続します。
DSC_0694.jpg

音が出ることを確認できたら、ベース部分の爪を曲げてケーブルを固定します。
DSC_0695.jpg

先に通しておいたチューブをかぶせます。
DSC_0696.jpg

最後に、先に通しておいたプラグのシェルにねじ込んで完成です。
DSC_0699.jpg

私のue700はクロームカラーのものだったので、交換したプラグの色とピッタリです。
まるで元々、このプラグだったみたい。
DSC_0701.jpg

復活したue700は快調で、これからも私の相棒として頑張ってくれそうです。





コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。