SOV33のソニー純正卓上ホルダを買った - おっさんの人生は毎日が修行

SOV33のソニー純正卓上ホルダを買った

前に使っていたXperia Z1は卓上ホルダが添付されていましたが、最近のモデルにはホルダは添付されなくなりました。
充電時のケーブルの煩わしさと就寝時に目覚まし代わりに使っていることもあり、ちょっと時間を確認したいときにスマホが自立していると見やすいので卓上ホルダを購入してみました。

DSC_0032.jpg

購入したのは、ソニー純正au向けの卓上ホルダ01SOPUAです。
元々Xperia Z4用で販売されていたものですが、その後、対応機種にZ5とX Performanceも追加されています。
おそらくdocomo用も型番が違うだけで中身は同じなのではないかと思います。
私はヨドバシで3,560円で購入。正直、高いなぁと思いました。

箱を開けるとホルダ本体と厚さの違うアタッチメントが2つ入っています。
(アタッチメントは元々、本体に1つセットされているので計3つの中から選択出来ます。)
本体が非常に小さくて、本当に自立するのか心配になる大きさです。
DSC_0030.jpg
DSC_0033.jpg

本体裏面はこんな感じ。
DSC_0031.jpg
この裏面の周囲にある滑り止めゴムのようなところが粘着シートになっていて、平らな面であれば強力に張り付いてくれます。
縦置きなので、ちょっとしたことで倒れるのではないかと思っていた不安は完全に払拭されました。
ここが純正品の最大の良いポイントかもしれません。

溝の部分にニョキっと出ているmicroUSB端子をめがけて差し込みます。
DSC_0720.jpg

ホルダにセットするとこんな感じ。
縦置き状態は見た目だけだとやはり不安定に見えますね。
DSC_0717.jpg

こちらは以前のZ1のホルダ。見た目の安定感は雲泥の差です。
マグネット充電も簡単で使いやすくて好きだったんだけどなぁ。
DSC_0029.jpg

横から見るとこんな感じです。
DSC_0719.jpg
思ったほど、幅はピッタリではなく隙間があります。
画面保護シートなどを貼っていても干渉しないように配慮されているか??
正直なところ、Z1と比べるとあまりセットしやすいとは言えないですね。

まあ、充電ケーブルの取り回しと、時計を見るときの見えやすさという当初の目的は達成されたので良しとしましょう。
これから購入を検討されている方に少しでも参考になれば幸いです。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。