Tasker活用例 手をかざすと画面を点灯させる - おっさんの人生は毎日が修行

Tasker活用例 手をかざすと画面を点灯させる

久々のTaskerネタです。
皆さんは夜中に目が覚めてしまい、今何時??と時間を見たいときがありませんか?
私はいつも枕元で充電中のスマホを見るのですが、SOV33に替えてから思わぬ事態が・・・
電源ボタンを押すと同時に指紋認証でロックが解除されるので画面が点灯のままに・・・

こんな時にはTaskerのお世話になりましょう。
近接センサーを利用して、手をかざすと画面が点灯するようにしてみます。

それではProfileを作成していきます。
今回は発動条件に3つ設定します。
1つめは当然、ProximitySensorです。
SOV33の近接センサーはここについています。他の機種でもだいたいこの付近が多いのではないでしょうか。
proximity.jpg

あとの2つは不要なタイミングでの誤発動を防止するため、Power(Any)とDisplay state Offを併せてセットしておきます。
これで、充電中かつ画面消灯中のみ、このProfileは動作します。
Screenshot_20161001-134423.png
Powerを指定することで充電中以外発動しなくなるため、普段の持ち歩き字にポケットの中などで誤発動する事を防止します。(モバイルバッテリ等で充電中は発動してしまうので注意です)
Display state Offは指定しておかないとスマホの使用中に近接センサーが検知するたびに発動してしまいます。

条件をしてしたらタスクの作成ですが、今回の目的は画面を点灯させるだけです。
なので、[Display]-[TurnOn]を使いたいのですが・・・SOV33ではXになっていて使えません。(この機種に限らず、最近の新しいAndroidバージョンでは利用できないことが多いようです。)
Screenshot_20161001-134633.png

仕方が無いので[Alert]-[Popup]で代用します。
※SOV33は大丈夫なのですが、もしかすると機種によってはPopupもスリープ中だと画面点灯出来ないかもしれません。
Screenshot_20161001-134643.png

Popupの設定が開いたらすこし下にスクロールして・・
Screenshot_20161001-134734.png

Timeoutの項目を最小の1に変更します。
また、ShowOverKeyguardにチェックが入っていることを確認します。
Screenshot_20161001-154538.png

今回の目的にはTEXTは不要なのですが、何も入れないと下記のようなエラーが出てしまうのでスペース1個でいいので入れて下さい。
Screenshot_20161001-134723.png

以上で作成完了です。

このProfileを使うにあたり、次のTaskerの設定を確認しておいて下さい。
メニューからPreferencesを開き、DisplayOffMonitoringの中のProximitySensorの項目が[When Power Connected]または[Yes]になっていること。

これで夜中に時間を見たいときにスマホに手をかざすだけで画面が点灯し、ロック画面の時計が確認出来るようになりました。
先日購入した卓上ホルダにセットした状態で、スマホに直接触れずに画面ON出来るので見やすくてGood!!
taskを画面ONではなく、時刻をしゃべらせるのもアリかもしれません。

また、いいアイデアが出てきたら紹介させていただきます。




ソニー純正ではないけれど、なんと卓上ホルダが$3.99!!
GearBestさんへのリンクは下の画像またはバナーから

1463111411471020.jpg

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。